Apple Pencil(第2世代)レビュー。見た目以上に進化した、Appleのえんぴつ。

以前使用していたiPad Pro 10.5を購入した動機の大半がApple Pencilでした。

今回、進化したiPad Pro(第3世代)と一緒にApple Pencilも第2世代へとアップデートされ、残念ながら初代Apple Pencilは新型iPad Pro(第3世代)では使えなくなってしまいました。

一度使い慣れてしまうと、Apple Pencilを買わないわけには行かないので、泣く泣くApple Pencil第2世代も一緒に購入することに……

今回はApple Pencil第2世代の使い心地や、初代Apple Pencilとの違いついて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

Apple Pencil(第2世代)

apple pencil 2
上が第1世代、下が第2世代のApple Pencil

Apple Pencilが発売されて初めてアップデートされた第2世代Apple Pencil

ツルツルとした書き心地は変わりませんでしたが、使い勝手はすごく良くなりました

サイズ比較

第1世代Apple Pencil 第2世代Apple Pencil
長さ 175.7mm 166mm
直径 8.9mm 8.9mm
重量 20.7g 20.7g

長さは2世代のほうが約1cm短くなっていて、直径、重量共に変化はありません。

初代Apple pencilはiPad Pro(第1、第2世代)、iPad(第6世代)に対応。

第2世代のApple PencilはiPad Pro(第3世代)にのみ対応しています。(2018年11月時点)

ペアリングと充電方法が大きく変わった影響か、それぞれで互換性がないのは少し残念なところ。

created by Rinker
Apple(アップル)

ペアリング&充電方法が変化

apple pencil 2

初代Apple Pencilは正直あまりスマートなペアリング・充電方法とは言えませんでした。

第2世代のApple Pencilはペアリング・充電方法が大きく変化し、iPad Proの側面にある磁気コネクタにくっつけるだけで充電できるようになり、とてもスマートに。

初代の方は意識して充電しないと”使おうと思ったときにバッテリーが無い”なんてことが多々ありましたが、第2世代はiPad Proにくっつけるだけで手軽に充電できるので、バッテリーの心配をしなくて済みそうです。

デザイン

apple pencil 2
なくしやすかったキャップも廃止に

初代はツルツルとした光沢のある表面に対して、第2世代はサラサラとしたマットな仕上げになってます。

側面に取り付けてペアリング・充電するため、表面が一部平らになりました。

重心が下がり、平らな面に人差し指を添えることで、ペンを握った時の感触が鉛筆に近くなった感じがします。

好みが分かれそうですが、僕は第2世代の方が握りやすくて好きです。

ダブルタップでツールを変える

新しくダブルタップをすることでツールを変える機能が搭載されました。

apple pencil設定画面

設定から切り替える内容を変更することが可能で、

  • 現在使用中のツールと消しゴムの切り替え
  • 現在使用中のツールと前回使用したツールの切り替え
  • カラーパレットを表示
  • オフ

上記の中から選ぶことができます。

対応していないアプリでは、ダブルタップしても何も変化は無し。

Procreateのように独自の設定ができるアプリもあるので、アプリの今後のアップデート次第ではもっと便利になるかもしれません。

Procreateの設定の一部例

 

僕はペンを握り直す癖があるせいか、知らない間にツールが変わっていることがあり、ややストレスに感じることがありました……

しかし、慣れてしまえばとても快適な機能です。

消しゴムツールなどは画面端にあることが多く、消しゴムに変えたい時は指やペンを画面端まで伸ばす必要がありました。

第2世代Apple Pencilは、指をトントンとダブルタップするだけで、作業の流れを止めずにツールを変えられるので本当に便利です。

気になるのは書き心地

初代同様に第2世代Apple Pencilもペン先が硬く、書いていてツルツル滑ります。

Apple Pencilチップ(ペン先)に硬さや書き心地を選べるようなバリエーションがあればいいなとたまに思ってしまいます。

書き心地を改善したい人は画面保護フィルムをペーパーライクフィルムにすると、紙に書いているような書き心地になるのでオススメです。

ペーパーライクフィルムは書き心地が良くなる反面、画面の視認性が少し低下するのと、物によってはペン先の消耗が激しくなってしまいます。

視認性を選ぶか、書き心地を選ぶかは本当に悩ましい問題です。

まとめ

apple pencil 2

iPad Pro 10.5にペーパーライクフィルムを貼っているのでたまに初代Apple Pencilも使いますが、無意識にダブルタップしてしまう癖が付いていました……

見た目があんまり変わっていないのに、中身がしっかり進化しているところがさすががAppleだなぁと感心してしまいました。

金額も¥10,800(税別)から¥14,500(税別)に変わっていますが……

created by Rinker
Apple(アップル)